•  

     

     

     

     

     

     

     

     

    三陸アルガソルト

    こだわりの素材

  • 三陸アルガソルト

    こだわりの素材

     

    三陸の海藻の恵、国産ワカメの70%生産を誇る産地

    健康的な食べ物、「メカブの芯と、茎」を生から加工し、食べやすいパウダーにしました。

    様々な使い方で好評です。

    そのまま、原材料として、業務用として、お使い頂けます。とにかく美味しいと好評です。

    からだ喜ぶ 国産海藻の恵み

     

    アルギン酸、海藻にしかない栄養素が含まれるスーパーヘルスフード、

    三陸アルガソルト。

    三陸の海藻、国産ワカメの70%生産を誇る産地の物、

    「メカブの中芯と元茎」。

    健康の粉、人間に必要な塩気が入っているけど余分な塩(ナトリウム)を

    体外に排出してくれるアルギン酸が多く含まれています。

    免疫力アップ。そんな健康を食卓に。

  •  

    三陸アルガソルトの約4分の1がアルギン酸です。

    アルギン酸は海藻にしか含まれてません。その代表格がわかめです。

    39.8gの水溶性食物繊維中に26.1gのアルギン酸が含まれています。

     

    アルギン酸は「お腹の調子を整える食品」「コレステロールが高めの方に適する食品」として厚生労働省許可の特定保健用食品(トクホ)に認定されています。アルギン酸はナトリュウムと結合して体外に排出する機能を持っています。

     

     

    高血圧には減塩が重要ですが、カリウムをしっかり摂ることも大切です。三陸アルガソルトにはミネラル成分の一つであるカリウムが豊富に含まれています。

     

    高血圧の方は、塩分を控えるとともに、カリウムをしっかりとることも重要です。

    カリウムの摂取目標量成人男性:2500mg以上成人女性:2000mg以上(日本人の食事摂取基準2020年版)

     

     

    丈夫な骨や歯をつくる働きのカルシウム。三陸アルガソルトにはミネラル成分の一つであるカルシウムが豊富に含まれています。

     

    「骨量」は年齢とともに減少していきます。特に女性は40~50代から急激に減少します。これからの骨の健康に気遣うなら、骨の材料となるカルシウムをしっかりと補うようにしましょう!。1日の摂取量は成人男性で720mg~800mg、成人女性で650mgの摂取が推奨されています。多くの人がカルシュウム不足と言われる現代の食生活です。

     

    「塩」すなわち食塩は、ナトリウムと塩素からできています。食塩は生命の維持には欠かせません。しかし、一般的に問題となっているのは摂り過ぎの方です。食塩をとり過ぎる食生活は高血圧や胃がんなどの様々な生活習慣病をまねくおそれがあるとされています。

    試験・検査・分析は、一般社団法人・食品分析開発センターSUNATEC (三重県)、一般社団法人・日本食品分析センター(東京都)、(株)江東微生物研究所(東京都)、に依頼した結果を紙面に掲載致しました。

  •  
    スープ関係、味噌汁、汁物には絶品と大評判です。入れて、入れて、入れまくって下さい。

    三陸アルガソルトの美味しい召し上がり方

     

     

    お好みで海塩や岩塩とブレンドしても良いですし、唐辛子や胡椒、ガーリックパウダー、生姜粉と混ぜるのもオススメです。
    鰹節や海苔などと混ぜても美味しいです。
    いろいろなものに混ぜて自分だけの味わいを探して下さい。

     

     

    ピザ屋さんが、ピザ生地に椿茶粉末と、アルガソルトを入れて焼いて大好評となっています。
     

     
    ピザ屋さんが、ピザ生地に椿茶粉末と、アルガソルトを入れて焼いて大好評となっています。

     
    東京のパン屋さんがパン生地にアルガソルトを入れて焼いて大好評となっています。

     
    うどんにとても合います。

     
    味噌汁には絶品と大評判です。

    意外にもトマトにも合います。

     
    もっともスタンダードな使い方です。塩気が高くなり美味しくなります。

     
    塩気が、プツプツが、グラタンとなんとも合います。

    納豆に入れたら、塩気と海藻出汁がぴったり。

すべての投稿
×