• 椿に関わる地元の活動

    自生椿の小枝を海岸に近い場所から採取して、作業場で葉を取り、一次処理をして頂いてます。

    キロ単価で買取をさせて頂いて、椿茶にバンザイファクトリーが加工しております。

    現在では大船渡市と陸前高田市で弊社以外に40人近くが作業を代わる代わるして頂いてます。

    大船渡市末崎町、居場所ハウスさん。

    2020年2月から、高齢者の方々が作業して頂いてます。

    画像をクリックしますと、居場所ハウスさんのFBページが出ます。

    ハネウェル居場所ハウスさん、椿の葉を一次加工して持ち込んでくれていました。最初は不安そうに持って来たのですが、キッチリと綺麗な椿でした。
    高齢者の方々が作業して、少しのお小遣いになると嬉しいと。作業代を支払ったらニコニコと、理事長みずから最初なんでお越し頂いて、受け取りました。

    陸前高田市・B型障害者施設、きらりさん

    2019年11月から椿の葉処理をして頂いています。

    陸前高田市ないのB型・知的障害者施設の、きらりさん、椿の葉処理をして頂いております。大船渡市と陸前高田市は市の花が椿なのです。こうして椿に触って、大事に磨いて行く作業がとても良いようです。

    陸前高田市ユニバーサル就労支援センター

    2019年4月から椿の葉処理をして頂いています。

    画像をクリックすると、財団さんのホームページに飛びます。

    ユニバーサル就労支援センター(公益財団法人 共生地域創造財団)で就労体験メニューの共同作業に椿茶の葉を磨いて弊社に持ち込む作業をして頂いております。こことの取り組みが事例となって、きらりさん、居場所ハウスさんと広がって行きました。一番最初に取り組んだセンターさんです。思いのある取り組みです。

    椿葉の採取、小枝きり、葉切り、手作業による洗浄、そして弊社に持ち込んで頂いて、キロあたりの単価で支払いをさせて頂いております。様々な事情から就労の機会が無かったり、震災による精神的な影響、様々な理由によって就労の機会を失った方々が、椿茶を作る為の一次作業に携わって頂いておりました。とても楽しい作業時間のようです。

すべての投稿
×