Return to site

ワカメとアルギン酸

三陸わかめの大黒柱には、アルギン酸

· アルギン酸,わかめの大黒柱

三陸わかめの大黒柱、この大黒柱の素材は、正にわかめの大黒柱部分を使っております。天然のわかめには、この大黒柱部分がとても短く素材になりません。養殖のワカメは葉の光合成の為にどんどん伸ばして行ったので、大黒柱部分が出来上がりました。養殖技術の副産物でしたが、とても食べにくく、使われていませんでした。そこを三年半の研究をかけて商品化したのが、三陸わかめの大黒柱なのです。その後検査機関に出したところ、この太茎部分に最もアルギン酸が含まれている事が判明しました。とても良い食材になったのでした。ちなみに、ワカメの養殖技術、塩蔵技術の発祥地は、大船渡市末崎町なのです。発祥の地がもたらした副産物を50年以上の半世紀を経て、バンザイファクトリーが商品に加工した訳でした。先人に手を合わせます。

(画像をクリックすると、ホームページに飛びます)

https://www.sagar.jp/10

#わかめ

#ワカメ

#アルギン酸

#バンザイファクトリー

#三陸わかめの大黒柱

#大船渡

#陸前高田

#三陸

#岩手

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly