Return to site

村上翼・社員に敢闘賞を手渡す。我杯の製造に頑張った!。

大手自動車メーカーの販社社長様40人の我杯を製造させて頂いた。

· 我杯

2018年3月22日

質感精密木工部門がメイン(食品部門も手伝う)の村上翼さん(大船渡の方)。未だ20代をキープしている若き社員。そろそろ三十路も射程距離ってのが本人はちょっと( ̄◇ ̄;)らしい。

大手自動車メーカーさんの販社社長さんの「我杯」握り型を掘り上げた杯の製造を40人もの切削製造、三次元処理も一手に作業して、この2ヶ月半は本当に頑張った。狭い、狭い木工部屋で申し訳ないのですが、良くやっている。完成品全ての送付が終わったので、敢闘賞を手渡しました。

盛岡市に実験直営店があった時、売上を大きく伸ばした日などには、敢闘賞を出した事があったが、工場ではそう言う事をして来なかった。吉田真紀・社員は真打の商品、三陸わかめの大黒柱の発売に三年費やして達成した時に敢闘賞を出せた。翼ちゃんは一年半の期間にも関わらず、三次元処理も出来るようになった。育って来たなあ。女子供しか居ない職場で、女だけか?・・と良く人に言われる事が多いのですが、今は仕方がない。

零細企業なので・・。しかし、やっとこベースが出来たかなあと感じる今日この頃。これからを期待してもらって。でも、当社の女子供は、なかなかだ・・・。子供をおんぶして働く、煮物をゼロから開発する、20万ポリゴンの三次元CGを扱う。小学校の子供達はワカメ切りを手伝う、女子供を侮れない。

震災後の三陸に、こんな会社を作れた事は、なかなか嬉しい。翼ちゃんのように、私たち経営陣はもっと頑張らないと。

(翼ちゃんは普段はメガネをしていません、もう本当に珍しい、大雨だったからかなあ、ヤダー髙橋さん、今日はメガネで来てしまった・・と本人・・)

https://www.sagar.jp/2
All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly